麗舎国際医療
Lisheuterus International Medical
Global Service·Birth Guarantee
京都オフィス
info@lisheuterus.com
代理出産について

東南アジア/ジョージア/ウクライナ/ギリシャ/米国の代理出産には独自の利点がありますが、どうやって選びますか?

適切な代理システムを選択するための鍵は、2つの部分にあります。

1つ目は、お客様の身元が独身またはカップルのどちらかであるか。

2つ目は、新生児の身元、血筋、法的関係の要件です。弊社は、高いコストパフォーマンスと便利な交通手段を備えた東南アジアの代理人に焦点を当てています。

このシステムはあらゆる人種対し適応しています。カップルにとっては、新生児が欧州連合ステータスを、また米国のグリーンカードを取得でき、ギリシャまたは米国を選択できることが望まれます。

費用を保護するために代理出産方法を取得したい場合は、ジョージア/ウクライナを選択できます。独身のお客様では、東南アジアまたは米国を選択することをお勧めします。


代理母は集中管理されていますか?

人権に関する国際法、代理出産制度によれば、代理母は妊娠中に家族と一緒に暮らし、管理機関は昼間と定期的な看護師のフォローアップを行います。代理母を集中管理することは人権侵害であり違法です。


代理出産の費用に加えて他の費用はありますか?

さまざまな代理出産制度が、医療保険の適用範囲に起因する妊娠中の医療過誤の範囲をカバーしています。自然出産または帝王切開は異なります;要するに、保険適用範囲の場合、出産方法を指定せず、その他の料金を発生しません。詳細についてはお問い合わせください。


代理出産プログラムを開始した場合、払い戻し、或はやめることはできますか?

契約によれば、妊娠前に契約の条件に従って料金を撤回し、払い戻すことができますが、妊娠した後に撤回することはできません。胎児の健康上の問題がない場合は、妊娠中断しないべきである

 

代理出産の費用は1回限りの支払いですか?

いいえ、段階的に支払われます。詳細についてはお問い合わせください。


代理出産契約の合法性を確保する方法は?

ジョージア/ウクライナ/ギリシャ/米国は商業的代理法を制定しています。東南アジアの代理母を管理するために、アメリカの企業と東南アジア共同代理になります。国際法によって保護されている国の法律に違反していません



出産のために生まれた新生児が法的に認められ、クライアントが監護権を与えられることを保証する方法は?

ジョージア/ウクライナ/ギリシャ/米国は、クライアントに親の保護者の地位を与える商業的代理法を作成しました。夫婦や独身の場合、地域には商業的代理法がないため、東南アジアのプログラムは異なる操作方法を持っています。形式婚不在者の離婚、出生証明書の改名、およびクライアントが親権を取得することに役立つその他の方法。国の戸籍法によれば、これまでのところ、オーストラリア、米国、日本、香港、台湾、カナダ、スウェーデンなど10か国以上で問題なく処理されています;

 

東南アジアのいくつかの国(タイ/ラオスなど)で法的リスクを回避する方法は何ですか?

当社の東南アジアの代理母はLishe米国支社に雇用されており、米国法律によって保護されています。

医療プロセスは医療旅行全体で行われます。代理出産に関連する唯一の医療リンク(胚移植)は、商業的代理出産が違法な国では行いません。代理出産計画は全体として、東南アジア諸国の禁止条約に違反していません。