麗舎国際医療
Lisheuterus International Medical
Global Service·Birth Guarantee
京都オフィス
info@lisheuterus.com
欧米提携クリニック

1.米国カリフォルニア州生殖センター




病院サイト https://www.scrcivf.com/


SCRCは米国の南カリフォルニアのビバリーヒルズに本社を置き、生殖専門医の診断と治療の分野において権威が認められており、体外受精技術の開発と人工生殖補助はそれぞれ独立した科学になって以来研究を続けています。


またSCRCは、ロサンゼルス地域における唯一の全面的な生殖補助サービス機構です。


SCRCは最先端の不妊治療により最高水準のサービスを提供することをお約束いたします。


生殖補助医療(ART)研究室は、世界で最高レベルの技術を持ち、米国で一番優秀な実験室です。研究室は妊娠成功率を大いに向上させることができる最も先進的な胚芽成長観察機EmbryoScope)を備えています。
 


35歳以上の女性顧客の成功率に関しては、南カリフォルニア出生センター(SCRC)がアメリカ合衆国のトップに達し、とりわけ62歳の女性が母親となる夢をかなえた成功裏に手助けをさせていただきました。



 南カリフォルニア出生センター(SCRC)は、『親世界』雑誌から「米国のトップ10出生センター」に選ばれました。


2.オーストラリア メルボルン Monash 生殖センター




病院サイト https://monashhealth.org/


1973年に設立された体外受精と不妊治療を中心とし、世界で一流の内部品質保証プログラムです。


オーストラリアでは、体外受精の創始者の一つであり、その中には、生殖治療管理委員会(RTAC)と全米検査機関協会(NATA)認証および能力審査システムを含められています。


Monash世界で第一世代の体外受精妊娠、世界で第一世代の胚凍結ベビー、オーストラリア初の胚盤胞ベビーで、オーストラリアで初めてのIVF赤ちゃんを実現しました。


そして、着床前遺伝子診断(PGD)で子供に染色体異常が起こる可能性が低いカップルが選別されています。


3.ベルギー ブリュッセル CRG 生殖センター




病院サイト http://www.brusselsivf.be/ 


CRGは生殖医療を専門とし、生殖技術応用の開発における先駆者として国際的な評価を得ています。


CRG1983年に設立されて以来、受精補助から治療に至るまでの様々な生殖に関わる諸問題に対する幅広いケアプログラムを患者様に提供してまいりました。


卵細胞の取り込み、細胞または組織の凍結保存、卵細胞の体外成熟(IVM)、精巣生検、精巣組織の凍結保存など、異なる生殖技術についての専門知識を有しています。


これはベルギーでは初めての成果で、卵子と精子による妊娠の可能性も高めます。


長年にわたり、CRGは不妊治療クリニックや研究センターの分野で世界をリードしてきました


4.ウクライナ キエフ ISIDA 生殖専門病院




病院サイト https://isida.ua/eng/


ウクライナにおける一番大きな女性の健康と家族計画のための生殖センターです。


2006年には、ISIDAはウクライナのディジョンの初めての医療機関となり、ISO 9001-2000に準拠した認証(LGA InterCert、ドイツ)を取得しており、2016年には、QHA Trent品質認証を取得しています。


これは国際規格に従って最初に認証されました。診療所には外国人専門家も勤務しています。


彼らは体外受精技術の専門知識を持ち、最高品質の医療サービスを提供致します。