麗舎国際医療
Lisheuterus International Medical
Global Service·Birth Guarantee
京都オフィス
utbabyjp06@gmail.com
よくある質問


エッグドナーQ&A


Q どんな方がドナーとして志願するのでしょうか?

A 20代心身ともに健康な方であればどなたでもご登録いただけますが、それに不妊治療に励んでいるカップルの気持ちを理解し、ボランティア精神に溢れる方々でなければなりません。


Q ドナーさんは日本人でしょうか?

A 弊社では常時多くの日本人ドナーのご紹介が可能でございます。その他、北米、ヨーロッパ及びアジアからもボランティア精神をもって志願してくださった方々もいます。


Q 男女の産み分けはできますか?

A 着床前遺伝子スクリーニングとにより 男女の産み分けができます。体外受精のあと、受精卵から細胞を取り出して、染色体異常や、遺伝子の異常を見分けるものですが、その際に性別が調べられます。


Q 海外での不妊治療とは、どんな国でも可能ですか?

A いえ、ドナー・代理母の心身健康と安全を第一に考え、ご依頼者がご安心くださいますように努めてまいります。医療技術ということだけでなく、現地の情勢や衛生面なども含め、最善な海外プログラムをご提案いたします。


Q カウンセリングは無料ですか?

A はい、無料で行っております。依頼人さまのご不安やご相談にお答えし、必要があれば日本や海外での不妊治療を前向きに考えていただくための機会ですので、特に費用はかかりません。

カウンセリングにお越しいただいても無理な勧誘を行うことはございません。

ぜひお気軽にお申し込みください。



卵子提供・代理出産について


Q 卵子提供・代理出産の費用は一回払いですか?

A 一回で全てを前払いするシステムではありません。段階的に支払いが生じます。お気軽に無料カウンセリングでご相談ください。


Q 卵子提供・代理出産は法的な問題点はありますか?
A 日本では卵子提供・代理出産のルールを定めた法律はなく合法でも違法でもないというのが現状です。 ジョージア  ・ウクライナ・アメリカ等の国で行える法律に従った合法代理出産に関する情報を提供させていただきます。


Q 代理出産で授かった子供は実子となりますか?
A 日本では「出産(分娩)した女性=代理母」が法律上・戸籍上の母親となり、この問題を解決するために、法的に親子関係を結び、実子として扱うことができるようになる「特別養子縁組」「胎児認知」をするという二つ方法があります。


Q 誰でも代理出産プログラムを申し込めますか?
A 子宮の有無などの特に医学的な条件は問われません。既婚者・カップル又は独身者で、女性の年齢が48歳前後までの方なら誰でも申し込めますが、詳しくはお問い合わせください。


Q 代理母は自分で選択できますか?
A 現地代理母エージェントが複数の候補を提案しますので、そこから選択いただくことは可能です。心身ともに健康でプログラムを円滑に進めることが出来る代理母をご提案しています。


Q どこの国で精子・卵子提供、代理出産を受けることができますか?
A アメリカ・ギリシャ、ジョージア・ウクライナ、東南アジアて行うことができ、地域ごとにメリット・デメリットがございますので詳しくは弊社へお問合せ下さい。


Q 代理出産で授かった子供が日本へ入国できないケースはありますか?
A 入国までの手続きに時間を要する場合もありますが、弊社及び提携先クリニックが関与したケースで、そのようなことは一回もありませんでした。どうぞご安心ください。



出産保証プログラムについて


Q 生育保証プログラムとは?
A お子様を腕に抱くという願いを叶えるべく、できるだけ経済的・精神的負担が少ない形での代理出産プログラムをご提供いたします。その中、妊娠までの費用を明確に控えさせていただきます。お子様が授かれるにはサポート体制が充実しておりますので、お気軽にご連絡下さい。

Q 生育保証プログラムの費用は一回で全てを前払いですか?
A いえ、段階的に支払いが生じます。詳しくお気軽にお問い合わせください。

Q 弊社を選ぶ理由とは?
A 弊社は2008年から各国での卵子提供及びアジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供するパイオニアとして、14年の実績がございます。高い成功率を保ちつつ、既に1000組を超えるご依頼者のお世話をさせて頂き、ようやく「我が子」を腕に抱くというハッピーエンドを迎えさせていただきました。精神面・医療面・金銭面に共に不安なくお受けいただける代理出産プログラムをご提供しております。

Q 自分の精子・卵子を使うと、生まれてきた子は私と遺伝的・生物学的に血の繋がりがありますか?
A 妊娠出産の過程は代理母さんがしますが、赤ちゃんはご依頼者様の遺伝子を100%受け継いでいます。親子鑑定がご利用いただけます。 


Q エッグドナーによって生まれてきた子供の親は誰ですか?
A “生まれてくる子供は依頼者へ引き渡す”という条文がきちんとあり、エッグドナーは精子・卵子を提供した時点で、生まれてくる子供に対してすべての責任・権利を放棄することになっています。ご心配はございません。

Q 赤きゃんの健康状態を確保する方法とは?
A 遺伝スクリーニング、妊婦健診、妊娠中の各種検査、出生前診断、出産管理などを行っております。カウンセリングから出産、産後まで安心して迎えられるよう、ひとりひとりに寄り添ったプログラムでサポートいたします。

Q 生育保証プログラムの契約成立後、中絶することはできますか!?
A  契約より、妊娠前に中絶することは可能です。妊娠後の検査で障害がない場合、中絶することはできません。

Q アメリカ・ギリシャ、 ジョージア  、東南アジア地域ごとにメリットがあり、どうやって決められますか?
A ご依頼者が求めている治療方法・婚姻状況(未婚・既婚)により、最適な治療プランを提供させていただきます。詳しくはお問い合わせください。