麗舎国際医療
Lisheuterus International Medical
Global Service·Birth Guarantee
京都オフィス
info@lisheuterus.com
麗舎について

集団の概要

麗舎国際医療はイギリス領ヴァージン諸島に登録されているInfinite telomereホールディングス会社傘下の生育医療業務ブランドであり、米国、日本、タイ、中国の専門家4人が共同で設立した。麗舎国際医療は中米泰三国の医療免許及び日本の医療観光案内の資格を有する。麗舎国際医療協力病院はアジア、ヨーロッパ、アメリカとオーストラリアに散在している;麗舎国際医療は全世界で国際連合試験管ベビーの医療サービス通路を提供する最も多い機構1つである;麗舎は毎年百例以上の復雑な人工代理の出産管理の実例を受け、IVFの周期の数は500回を超え患者は世界の15カ国及び地域から来た;




2020年にInfinite telomere ホールディングス株式会社はバンコクにNS医学センターを開設し、生殖成功率安全性を向上する新しい課題、出産安全と感染遮断の新しいプログラム、臍帯と胎盤細胞による生育力低下を治療する新しい方案力を入れているNS医学センターは麗舎国際医療密接に協同し、患者に良質な医療サービスを提供する


顧客グループ


不妊不育:全世界で、2億人が不妊症で苦しんでいる20%の上限によって推定し、3600万人の患者は配子/子宮生殖補助システムを必要とする;IVF手術周期に入った不妊症群の平均成功率は45%IVF周期失敗した患者の30%は配子/子宮生殖補助システムを必要とする推定によって、毎年、需要40万例の増加を見込んでいる。

感染対象:麗舎国際医療の子宮/配子生殖システムの助けを必要とするのはb型肝炎とHIV感染者もいる;b型肝炎の感染者の半分以上は母子感染であり、その中の約10%は原発性肝細胞癌に発展する可能性がある。HIV感染者は抗ウイルス剤の発展により、その寿命は正常な人と変わらないため、出産の需要もあるWHOデータによると、全世界の感染者の1%が出産を阻止する需要があれば、毎年、需要50万例ぐらいの増加を見込んでいる。

LGBT:エッグドナー/生殖補助のニーズに関与している2番目に大きいグループはLGBT集団です。中国内陸の例として、国内のLGBTの3,000万人と推定されており生殖補助の需要は1%で、その需要は約30万人です。

子供を亡くした家庭:エッグドナー/生殖補助システムのニーズに関与している3番目に大きいグループは、2013年に人口統計学者によって1000万と推定される子供を亡くした家庭であり、生殖意欲は2%程という控えめな推定による、需要は約20万である。