麗舎国際医療
Lisheuterus International Medical
Global Service·Birth Guarantee
京都オフィス
info@lisheuterus.com
B型肝炎+梅毒の患者



T様は37歳で、IVF +寄付システムを通じて次世代を獲得し、男女産み分けを指定しました。


T様の病歴はかなり複雑なケースです。彼はB型肝炎ウイルス保菌者(HBVer)であり、梅毒に感染しています。弊社はT様の状態を慎重に分

析すると同時に、投薬状況を深く理解し、最終的に目標とするサービスプランを作成しました。


独自の国際医療ネットワークに基づいて、高度な洗浄精子技術を使用して健康な精子を取り出し、体外受精で精子と卵子を結合します。

代理母を確認し、胚をうまく移植するの準備ができた際に、代理母が流産の前兆があるために繰り返し入院し、子宮頸部の機能不全が疑われ

る場合があると思いました。 


2018年6月20日(32週間)に、新生児は出生時に2.2kg未満で生まれましたカテーテルは牛乳を飲むのを助けました子供の状態で、弊社の組

織の積極的なコミュニケーションにより、全員が協力して、赤ちゃんは徐々に元気になりました。


 T様の赤ちゃんは1か月の治療の後、体重は2.2 kgから6 kg近くに増加し、他の指標も正常になる傾向があり、最終的には退院することができます。